【46歳って年齢にビックリ!】加藤貴子の妊娠について!

ニュース

【46歳って年齢にビックリ!】加藤貴子の妊娠について!

46歳で妊娠は驚き!

ドラマ『温泉へ行こう』シリーズなどで知られる女優・加藤貴子(46)が19日、第2子を妊娠したことを自身のブログで公表した!

46歳という年齢での妊娠は驚きであり、同世代の妊活、不妊治療をしている女性や夫婦から大きな反響をよんでいる。

旦那さんの不妊が原因であったことを公表し、子供が出来ない家庭にメッセージを送っている。

40歳を超えての妊娠は、稀有に近いものなのだそう。

夫婦でよく話しあう・・・

昔は、医療も発達しておらず子供が出来ないと、『全て女性の責任』とされてきました。

現在も、正直なところ子供が出来ないために離婚に至るケースも多くあると聞きます。

『卵子も老化する!』ということを耳にしたのは、ここ数年のことなのではないでしょうか?

正直なところ、若々しくても46歳、生物学的には老化してきているので、このケースを鵜呑みにして大丈夫なんて思う人が出なければいいけれど・・・

さる有名な不妊治療のクリニックでも、不妊治療に年齢制限を設けていたりして、確率的には非常に難しいパーセンテージとなります。

デリケートな話題!

旦那さんの不妊公表といい、内容はとてもデリケートな話です。

不妊治療をはじめると、だんだん子供を妊娠することがゴールにもなってきて、生まれてから育てていくという認識が薄れてくることもあります。

おそらく精神的にも、それだけ過酷ということなんでしょうが・・・

保険適用でない部分も多いので、お金もかかります。

その期間に、夫婦がきっちりと向き合って話し合いが出来るかということを試される時期であるようにも感じます。

自然妊娠以上に、お互いの協力なくして授かるものではありませんから・・・

命が誕生するということは、奇跡の積み重ねなのだと思われてなりません。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ