【山口智子】子供を産まない人生と生き方の心理とは?

ニュース

【山口智子】子供を産まない人生と生き方の心理とは?

子どもを産まない人生について・・・

みなさんは、山口智子さんの子供を産まない人生を選んだというコメントについて・・・どのように感じられましたか?

山口さんの発言があるまでは、「結婚したら子供がいるのが当たり前!」のような風潮があって、不妊の人はもちろん、子供を作らなかった人たちまで、その話になると居心地の悪い雰囲気にさらされていました。

山口智子さんも唐沢寿明さんも、子供時代に結構大変な思いをされています。

やはり、育った環境は大きいのでしょうね。

値観や考え方は人それぞれですし、両親に愛されて育ったなら、そういう人たちも子供ほしいと思っていたのではないのか?と思うのですが、子供の中に自分の子供時代をみてしまう辛さなのかもしれません。

親への信頼感!

離婚に限らず、親に対する『信頼感』なのかと感じます。

片親でも両親でも信頼がなければ、親になりたいとは思わないかもしれませんね。

実際、両親が離婚の話なんかをしていたら、子供の立場からすると、『自分はいらなくなる存在なのか?』とか色々考えて、情緒不安定に陥る子供だっているんです。

その後の生き方は、本人の気持ちで大きく変わってくるかと思いますが・・・

悪い家庭環境だからこそ強く家族を持つ事に憧れる人もいますし、愛された環境で育ったからと言っても子育てに失敗する人もいますから、難しいものですね。

■唐沢寿明
横暴な父親と母親の夫婦喧嘩が絶えず、ある日唐沢は夫婦喧嘩に割ってはいり、母親の味方をした。「おふくろが出て行くことはない。親父を追い出せばいいんだ。」と言い、父親を脅すつもりでモルタルの壁を叩き崩すと、「お前が言えた義理か」と言いながら父親が家を出て行った。これで家は安泰だと思ったが、母が一言「あんたが出て行きなさいよ」。

唐沢は新宿行きの電車の中で泣いた。家出をし学校をやめたのは、高校2年の2月。両親には勘当された。

出典 http://ameblo.jp

山口智子さんの家庭環境が複雑だったという話は聞いていましたが、唐沢さんも複雑な思いがあったのですね。

お互い辛いときを乗り越えて、同じ芸能界で仕事をしていたわけですから、共感できるところも多くあったのかと感じます。

【こんな世の中に生まれて来て、生きてたって苦労ばかりなのが現実です。
自分の子をそんな目に合わせたくありません】

これが、心の叫びだったのかも・・・

親子関係での殺伐とした事件が多い中で、必ずしも子供がいることが幸せとは言いきれない世の中なのかもしれません。

1

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ