うつ病・イライラを薬以外で対処する方法って!?

ニュース

うつ病・イライラを薬以外で対処する方法って!?

やっぱり!一番大切な呼吸法

振り返ってみると、気持ちが不安定なときほど呼吸が浅くなっていることに気づきます。

緊張しているときやイライラしているときなど、とても呼吸の浅い状態です。

落ち着いてという言葉の中には、呼吸を整えてという意味も込められているのかもしれません。

身体を動かして気分転換をすることが一番なのかもしれませんが、経験上そんな気分になれません。

どこでも簡単に出来て気分転換できる呼吸法で、忙しさや不安から失いかけている自分軸を取り戻すことが出来ます。

実際、この呼吸法を試してみることで、目の周りがスッキリしたり何らかの心地良い感じを得ることを体感しました。

毎日続けることでの効果も期待できそうです。

おそるべし!ニンニクパワー

芸能人が元気を取り戻すために、ニンニク注射を打っているってよく聞きます。

元気を取り戻す効果の栄養素もたくさん含まれていますが・・・

それだけでもなさそうなのです。

セロトニンという「幸せホルモン」を作る手助けをしているのがニンニクの成分に含まれています。

従って、ニンニクやその成分を身体に吸収することで、心身の毒素を外に出してくれて、
晴れない気分まで正常に戻してくれる効果もあるようなのです。

気になるのは臭いですが・・・気持ちが沈んだときは、自宅に居る時間も長い可能性も高いです。

その時間を活用し、ニンニク生活を満喫してみるのも良いかもしれません。

音の刺激も活用!

約100年くらい前までは、純正律といってちょうど倍数で割りきれる音階で調律された音楽が流れていました。

現代では、転調(曲の基本となる音の高さを変える)の関係などで、平均律といって平均的な割り切れる音階で音楽が流れています。

音の響きが波のように残るか残らないかの違いです。

例えば、椅子に座るときに安定しているかいないかみたいな・・・

倍数で割り切れる純正律だと、安定感がるので波のような音が残らずスッキリしています。

無意識に聴いているヒーリングミュージックも、純正律での調律になっています。

一般的なおススメとしては、エンヤの曲になります。

ですが・・・一部には「不安感が増してくる」という意見もあるので何とも言えません。

耳から入ることでの健康効果も、様々な研究がなされています。

自分にとっての心地良い響きの曲も、疲労回復や心の不安を取り除くきっかけ作りになります。

みんなのうつ病対策は?

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ